AGA治療でよくある質問


AGA治療 評判

AGAの判断基準は?

最近こんなことを感じたことはありませんか?ちょっと薄くなってきた…。全体的なボリュームが落ちてきて夕方になると髪の毛がペッチャンコになってしまう…。

 

 

薄毛の症状は人や部位によって感じ方が分かれるところです。

 

 

でも、毎日あなたは自分の髪の毛を見ているからこそ、自分の変化に気づくものです。ワックスを塗った時のコシやボリューム感は自分で感じることができますからね。

 

 

病的な薄毛とそうではない薄毛にも診断基準が存在します。
決して明らかにはげているから治療が必要…だけではなく、
薄毛になる前に治療をすることも可能なのです。

 

 

男性型脱毛症、いわゆるAGAは専門医が
治療を行わないと症状の改善は難しいです
少なくとも育毛剤や育毛シャンプーで改善できる
症状ではありません。

 

 

AGAと加齢に伴う薄毛などを区別するためには、
医師が頭皮の状態を確認します。
髪の毛全体を見て、20%以上に軟毛化が進んでいれば
AGAと診断されます。

 

 

軟毛化とは読んで字のごとく髪の毛が弱くなっていくことを
指しますが、自分でもその軟毛化を確認することができます。
抜けている毛髪が極端に短い場合や生え際のボリューム感などが
判断材料となります。

 

 

自分ではある程度軟毛化の確認を行うことができますが、あくまでAGAの診断基準は全体の20%に軟毛化が進んでいるかどうかというもの。それを自分で把握することは困難です。

 

 

確実に判断するにはAGA専門医に検査をしてもらいAGAかどうか判断してもらったほうがいいでしょう。そのほうが間違いがないですからね。自分でAGAでないと判断して後からAGAだとわかったら後戻りできませんからね。

 

AGA治療をするのにオススメの病院は?

AGA治療評判ランキング