プロペシアに関する情報


AGA治療 評判

どれくらいで抜け毛が減ったと感じるのか?

どれくらいの期間で抜け毛が減るか気になるところですよね。出来ればすぐにでも抜け毛が減ってほしいのは誰しもが思うことですよね。

 

 

しかし、AGAの治療には半年以上かかる。これは一般的な見解であり、ほとんどの人がそれに合致してしまいます。そもそもAGAはジヒドロテストステロンが及ぼすホルモンバランスの異常が引き起こすヘアサイクルの乱れによって生じるものです。

 

 

ジヒドロテストステロンは5αリダクターゼというホルモンが
原因で発生させるもので、この5αリダクターゼを
抑え込むことで薄毛の進行を防止する役割を
担っているのがプロペシアです。

 

 

そのため、プロペシア副用後は確かに5αリダクターゼを
抑制できるかもしれませんが、それが頭皮全体に影響を
及ぼすにはかなりの期間が必要です。

 

 

また、その結果改善されるヘアサイクルの正常化を待っても、
そこから髪の毛が生えてきて見た目にわかるまで薄毛が
改善するには相当な期間が必要になります。

 

 

プロペシアの服用期間は実際に検証され公開されています。
3ヶ月間プロペシアを服用した場合、全体数の3割程度しか
薄毛は改善されません。半年でようやく5割の改善。

 

 

でも、一年服薬しても、半年の5割を大きく改善する数字は確認されていません。

 

 

つまり、3カ月から半年はプロペシアを服用しないと効果は現れないということです。それに、プロペシアで5αリダクターゼを抑制できているなら、プロペシアの服用をやめてしまうともしかすると戻ってしまうかもしれません。

 

 

自己判断ではなく医師の指示で服薬期間や処方料などを決めなければ、正しいAGA治療を行っているとは言えません。

 

AGA治療をするのにオススメの病院は?

AGA治療評判ランキング