プロペシアに関する情報


AGA治療 評判

プロペシアとフィンペシアどちらがAGA治療に効果があるの?

プロペシアはAGA症状の作用する医薬品であり、世界で認められている薄毛改善の治療薬ってことはあなたも知っていますよね。

 

 

主成分フィナステライドが5αリダクターゼを抑制することでジヒドロテストステロンが原因である抜け毛作用を抑制し、結果的に薄毛を改善するという効果を期待することができます。

 

 

それに対してフィンペシアという薬があります。
実はこのフィンペシアもAGA治療に対して
効果があるといわれているのです。
なぜ同じような薬が二つもあるのか。新しい薬を開発すると、
その製薬会社が主成分の使用に対して独占権が与えられます。
15年から20年間その独占権が有効ですが、その年数を過ぎると
他の会社でも同じ主成分を使って薬を販売することが
許されるのです。

 

 

その独占権以降に販売される薬を薬業界ではジェネリックと呼んでいます。
でも、フィンペシアはジェネリック薬品ではありません。
プロペシアの独占権は2019年まであるからです。
フィンペシアは主成分はフィナステライドなのですが、
製法が異なっておりジェネリックではなくプロペシアに次ぐ
新たなAGA治療薬となっています。
だから値段も一緒なんです。

 

 

でも、やはりユーザー側としてはプロペシアの信頼性が高く、同じ効果が得られてもフィンペシアを積極的に服用したいとは思えないですよね。

 

 

それに、ネットなどで簡単に手に入るが偽物をつかませられるというリスクもあり、あまりお勧めできません。フィンペシアもプロペシアも当然ですが、両方医薬品です。医師の処方で正規の薬局で薬を手に入れるべきです

 

AGA治療をするのにオススメの病院は?

AGA治療評判ランキング