プロペシアに関する情報


AGA治療 評判

AGAでない人がプロペシアを飲んでも害はないが・・・

本来プロペシアという薬は医師がその人がAGAであることを的確に診断し、処方されるものです。自分で勝手に薄毛だからAGAと思い込み、インターネットなどで勝手にプロペシアを手に入れ、それを服用することは法に触れる行為です。

 

 

そればかりか、AGAでもないのに服用してしまうケースもあります。AGA専門医院で適切な診断を受けていないから、そういった問題が起きてしまうのです。

 

 

AGAでない人がプロペシアやフィンペシアを
服用してもそれほど害はありません
ただし、プロペシアやフィンペシアは医薬品であることから、
副作用を受けるリスクは覚悟しなければなりません。
>>プロペシアの副作用は?

 

 

特にそれぞれの薬の主成分であるフィナステライドは
肝臓で処理される成分であることから、肝臓が弱い人は
服用できません。

 

 

薬の適合性はAGA専門医院の血液検査などで判断されるため、
病院で適切に処方されたほうが無難です。
副作用としてだるさや眠気などの症状が発生する可能性があり、
その兆候を医師とともに注意深く見守らないと危険なのです。

 

 

薄毛の人が必ずしもAGAであるとは限りません。ですが、AGAでなければプロペシアで薄毛が改善されることはまずありません。AGAを飲んだからと言って髪の毛がふさふさになるというわけではなく、薄毛の原因がジヒドロテストステロンという男性ホルモンである場合のみ有効な薬なのです。

 

 

自己責任で飲むのであれば別にかまいませんが、その責任はだれも負えませんし、自分の判断で飲むことは危険が伴うことを認識しておいてください。

 

AGA治療をするのにオススメの病院は?

AGA治療評判ランキング